特集:「人々に寄り添う感性システム」

ホーム / 特集:「人々に寄り添う感性システム」

特集:「人々に寄り添う感性システム」

掲載予定号:2022年8月号
投稿締切:2022年1月15日 1月31日
ゲストエディタ:岩下 志乃(東京工科大学),畦原 宗之(長岡技術科学大学)

上記特集の論文を以下の要領で募集いたします.ふるってご投稿ください.

これまでの感性情報処理の研究は,人間の感性の能力を引き出したり,人間の感性をモデル化したりすることで,新たな価値を創造することを目的としてきました.社会ではこの1~2年という短い期間で今まで当たり前だった価値観が一気に覆され,私たちの日常生活は一変しました.このような状況の中で,物理・心理の両面から個々の人間に寄り添うために,感性情報処理の果たす役割は重要であると考えられます.

本特集では,「人々に寄り添う感性システム」というタイトルで,感性情報処理による作業支援,教育支援,価値創造システム,対話型システム,マン・マシンインタフェースなど,人々の生活を向上させるための研究や開発事例に関する論文を広く募集いたします.

1.募集分野
感性情報処理,感性工学,Affective Computing,人間工学,ユーザインタフェース,教育工学,自然言語処理,ソフトコンピューティング技術などによる,人々に寄り添う感性システムの構築,モデル化,分析に関する研究.また,その周辺の研究.

2.投稿締め切り
2022年1月15日 1月31日

3.論文の種類
論文の種類には,「原著論文」,「総説論文」,「実践研究論文」,「ショートノート」,「その他」があり,非会員の方を含めてどなたでも投稿できます.詳しくは投稿案内(http://j-soft.org/journal/toukou)をご覧ください.また,投稿時にはそのいずれであるかを明記してください.

4.投稿原稿の書き方および提出方法
提出物および提出方法につきましては,「投稿原稿の書き方」(http://j-soft.org/journal/genkou/)をご覧下さい.

5.査読プロセス
通常の査読プロセスに従います.また途中の処理の都合で,本特集号の発刊に間に合わなくなった論文は通常の論文として他号に掲載される場合があることをあらかじめご承知おきください.学会ホームページの投稿原稿査読手順(http://j-soft.org/journal/process)をご覧ください.投稿規定に基づいて投稿原稿を処理します.

6.問い合わせ先
岩下 志乃
東京工科大学コンピュータサイエンス学部
〒192-0982 東京都八王子市片倉町1404-1
E-mail: iwashita[at]stf.teu.ac.jp(([at] を@に変換してください)

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内