「知能と情報」Vol.25,No.2 会告

ホーム / 「知能と情報」Vol.25,No.2 会告

お知らせ

2013年2月28日

会員各位
日本知能情報ファジィ学会
選挙管理委員長 高萩 栄一郎
 

日本知能情報ファジィ学会理事等の選挙の投票結果の報告

2012年度終了後(例年は6月)に開催される日本知能情報ファジィ学会通常総会において行われる理事等の選任に先立ち、日本知能情報ファジィ学会理事等選出規程に基づいて推薦候補者の中から会長(1名)、副会長(2名)、理事(4名以上10名以内)、監事(2名)の役員の選挙を正会員と学生会員の投票で行いました.
2013年2月28日,選挙管理委員により開票を行い,投票結果は下記の通りなったことを報告いたします.

   投票総数          219票
   有効票           210票
   無効票              9票

   会長候補
        馬野 元秀     200票
   副会長候補
        林 勲       198票
        中嶋 宏      194票
   監事候補
        和多田 淳三    199票
        安信 誠二     197票
   理事候補
        前田 陽一郎    201票
        佐藤 美佳     192票
        乾口 雅弘     191票
        徳丸 正孝     189票
        井上 博行     188票
        秋山 孝正     188票
        星野 孝総     187票
        工藤 康生     186票
        関 宏理      186票
以上


お知らせ

特集論文募集のお知らせ

  • 特集論文募集
    特集名:「自己組織化マップとその周縁」
    投稿締め切り:2013年5月31日
    掲載予定号:Vol.26, No.1 (2014年2月号)

    特集名:「福祉と知能情報処理」
    投稿締切:2013年5月31日
    掲載予定号:Vol.26,No.2 (2014年4月号)

    (詳細は,本号会告および学会ウェブページをご参照下さい)

  • 今後の特集予定(仮称・時期未定)
    「ロボカップ」,「言葉工学」,「感性」,「ゲーム」など

論文募集

特集:「自己組織化マップとその周縁」論文募集のお知らせ

    掲載予定号:2014年2月号
    投稿締切:2013年5月31日
    特集エディタ:加藤 聡(松江高専)

    上記特集の論文を以下の要領で募集いたします。ふるってご投稿ください。

     Kohonenが自己組織化マップ(Self-Organizing Maps:SOM)を提案して30年あまりが経過しました.現在に至るまで,自己組織化マップはそのシンプルなアルゴリズムゆえに,クラスタリングやデータマイニグだけでなく自律ロボットや制御,パターン認識などの幅広い分野において,パワフルなツールとして応用されています.また,自己組織化マップはアルゴリズムがシンプルにもかかわらず情報理論的には非常に奥が深いため,様々な拡張が提案されるなど,未だ発展の余地が秘められています.
    本特集号では,これからの自己組織化マップ関連研究の展望を目的として,自己組織化マップの理論,拡張,応用など幅広い分野における最新の話題に関する論文を広く募集いたします.また,タイトルに「周縁」とある通り,自己組織化マップに関連した,他の教師なし学習法に関する論文や,自己組織化マップと脳機能との関連を議論した論文などについても募集しております.多くの方のご投稿をお待ちしております.

  • 募集分野
     自己組織化マップの理論,自己組織化マップの拡張,自己組織化マップの応用(パターン認識,データ分析,モデル化,自律ロボット,制御,画像解析,クラスタリング,最適化,データマイニング,パターン生成など),その他関連分野
  • 投稿締切
     2013年5月31日(金)(必着)
  • 論文の種類
     論文の種類には,「原著論文」,「総説論文」,「実践研究論文」,「ショートノート」があり,非会員の方を含めてどなたでも投稿できます.
  • 提出物および提出方法
     提出物および提出方法につきましては,学会ホームページの 電子投稿・査読システムに関する情報 をご覧下さい.
  • 査読プロセス
     通常の査読プロセスに従います。また途中の処理の都合で、本特集号の発刊に間に合わなくなった論文は通常の論文として他号に掲載される場合があることをあらかじめご承知おきください。
    学会ホームページにある 投稿のご案内 および 著作権規定 をご覧ください.規定に基づいて投稿原稿を処理します.
  • 問い合わせ先
    加藤 聡
    松江工業高等専門学校 情報工学科
    E-mail: katomatsue-ct.ac.jp

  • 論文募集

    特集:「福祉と知能情報処理」論文募集のお知らせ

      掲載予定号:2014年4月号
      投稿締切:2013年5月31日
      特集エディタ:髙木 昇(富山県立大)

      上記特集の論文を以下の要領で募集いたします。ふるってご投稿ください。

       情報処理技術の飛躍的進歩により,知的な情報処理技術に立脚した障害者支援システムが数多く研究・開発されています.例えば,数式認識も兼ね備えたOCRシステムの開発により,理系図書の点字翻訳の作業効率が大幅に改善されました.このシステムを利用して理系図書の点字翻訳サービスが実施されています.あるは,GPSを利用した視覚障碍者歩行支援システムが2009年より実用化されました.その他,画像処理技術を利用した電動車椅子制御の研究,盲聾者のための触覚フィードバックによる音程制御システム開発の研究など,障碍者を支援するための技術開発は枚挙に暇がありません.そこで,本特集号では,障碍者支援のみでなく高齢者支援など広く福祉と関連した新しい支援技術に関する研究論文や開発論文を広く募集いたします.

    • 募集分野
       障碍者支援や高齢者支援など広く福祉と知能情報処理に関連した研究分野全般を対象とします.
    • 投稿締切
       2013年5月31日(金)(必着)
    • 論文の種類
       論文の種類には,「原著論文」,「総説論文」,「実践研究論文」,「ショートノート」があり,非会員の方を含めてどなたでも投稿できます.
    • 提出物および提出方法
       提出物および提出方法につきましては,学会ホームページの 電子投稿・査読システムに関する情報 をご覧下さい.
    • 査読プロセス
       通常の査読プロセスに従います。また途中の処理の都合で、本特集号の発刊に間に合わなくなった論文は通常の論文として他号に掲載される場合があることをあらかじめご承知おきください。
      学会ホームページにある 投稿のご案内 および 著作権規定 をご覧ください.規定に基づいて投稿原稿を処理します.
    • 問い合わせ先
      髙木 昇
      富山県立大学工学部知能デザイン工学科
      〒939-0398 富山県射水市黒河5180
      E-mail: takagipu-toyama.ac.jp

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内