「知能と情報」Vol.24,No.5 会告

ホーム / 「知能と情報」Vol.24,No.5 会告

お知らせ

特集論文募集のお知らせ

  • 特集論文募集
    特集名:「インテリジェントスマートフォン」
    投稿締め切り:2012年11月15日
    掲載予定号:Vol.25, No.4 (2012年8月号)
    (詳細は,本号会告および学会ウェブページをご参照下さい)
  • 今後の特集予定(仮称・時期未定)
    「ロボカップ」,「言葉工学」,「健康と医療」,「感性」,「ゲーム」など

論文募集

特集:「インテリジェントスマートフォン」論文募集のお知らせ

    掲載予定号:2013年8月号
    投稿締切:2012年11月15日
    特集エディタ:市村匠(県立広島大)

    上記特集の論文を以下の要領で募集いたします。ふるってご投稿ください。

     近年,スマートフォンが急速に進化しており,市場におけるAndroidスマートフォン, iPhone, Windows Phoneなどのユーザ数も急増しています。スマートフォンで動作するOSごとに動作するアプリケーションに若干の違いは見られるものの,ユーザが利用している機能は,クラウドサービスやGPS,加速度センサーなどのデバイスを利用したものにとどまっています。今後,高速CPUや大容量のメモリなど,高い性能をもつハードウェアが開発されるようになると,スマートフォンは知能情報技術を利用したインテリジェントスマートフォンに進化すると予想されます。
     そこで,インテリジェントスマートフォンにおいて必要だと考えられる機能を実現する手法を広く募集します。特集論文では通常の論文の審査を行うとともに,アプリケーションで提案された機能等が実装できていることも審査の対象になります。アプリケーションの審査においては,査読者がその機能に関する動作を仮想マシン(エミュレータ等)で検証し,機能等がアプリケーションで実装できていることが採録の条件になります。アプリケーションの提出の際,開発環境を明示してください。なお,実機に依存した機能の開発など,その特徴をエミュレータで再現しきれない場合やアプリケーションの特性を説明する必要がある場合には,付録として動画による説明も受け付けます。ただし,記述できる情報は,タイトル,概要説明に限定するものとします。なお,アプリケーションは“マーケット”等に公開されていても構いませんが,査読の段階で著者を特定できるような情報をアプリケーションや動画に組み込むことはできません。アプリケーションの提出については,メールに添付もしくは公開されている場合はURLをお知らせください。

  1. 募集分野
     ソフトコンピューティング,人間共生システム,ウェブインテリジェンス,認知科学,意思決定のマルチコアに対応したスマートフォン・アプリケーションに関連する話題の研究分野全般を対象とします。
  2. 投稿締切
     2012年11月15日(木)(必着)
  3. 論文の種類
     論文の種類には,「原著論文」,「総説論文」,「実践研究論文」,「ショートノート」があり,非会員の方を含めてどなたでも投稿できます.
  4. 提出物および提出方法
     提出物および提出方法につきましては,学会ホームページの 電子投稿・査読システムに関する情報 をご覧下さい.
  5. 査読プロセス
     通常の査読プロセスに従います。また途中の処理の都合で、本特集号の発刊に間に合わなくなった論文は通常の論文として他号に掲載される場合があることをあらかじめご承知おきください。
    学会ホームページにある 投稿のご案内 および 著作権規定 をご覧ください.規定に基づいて投稿原稿を処理します.
  6. 問い合わせ先
    市村 匠
    県立広島大学 経営情報学部
    E-mail: ichimurapu-hiroshima.ac.jp

開催案内

日本知能情報ファジィ学会 講習会
「第8回ファジィ学問塾」開催案内

第8回ファジィ学問塾公式サイト http://koshinolab.jp/fuzzyschool2012/

 日本知能情報ファジィ学会では,今年は北信越地区で,恒例となりました第8回の講習会『ファジィ学問塾』を開催します.次世代を担う学生や若手研究者を対象に,専門研究者(師範)によるファジィ理論や関連技術の講演を,演習を中心に分かりやすく,短期合宿形式で提供します.皆様方の積極的なご参加をお待ち申し上げております.

ファジィ学問塾 代表 馬野 元秀(大阪府立大学)

  1. 主催:

      日本知能情報ファジィ学会 (事業委員会)
  2. 共催:

     日本知能情報ファジィシステム学会北信越支部,学生部会△NGLE
  3. 理念:

     ファジィ理論のような横断型基幹科学では,関連領域が多く,一つの大学や研究機関で幅広く体系的に学ぶことは容易ではない.ファジィ理論は国内の研究者が他分野に比べて少なく,種々のファジィ方法論全般に関する講義を耳にする機会は極めて少ない.このような状況を鑑みて,本学問塾では,次世代を担う学生や若手研究者を対象に,2, 3のテーマに絞って,講義・演習を行う短期合宿型スクール形式で,専門の研究者によりファジィ理論や関連技術のわかりやすい講義を提供し,ファジィ理論とその周辺分野を若手研究者に普及し,研究レベルの向上をめざす.
  4. 開催期間:
    2012年11月10日(土) 13:00 〜 11月11日(日) 15:00
  5. 会場:

     倶利伽羅塾

     〒929-0426 石川県河北郡津幡町竹橋西270

     Tel: 076-288-8668,Fax: 076-288-8669

     URL: http://www.kurikara.org/index.html
  6. 交通:

     JR北陸本線 津幡駅下車,タクシーで10分
  7. 参加費:

     学生 8,000円(宿泊,一日目夕食・夜食,二日目朝食・昼食 込み)

     一般 13,000円(学生と同様)
  8. 対象:

     大学生または大学院生,および企業や大学の若手研究者
  9. 募集定員:

     30名(申込先:http://goo.gl/1WtER
  10. 講義:

     1) ファジィ集合(富山県立大学 高木 昇 准教授)

     2) ファジィ推論とファジィ制御(大阪府立大学 馬野 元秀教授)

     3) 企業におけるファジィ応用例(オムロン株式会社 中嶋 宏 氏)
  11. 討論:

     ● グループに分かれて研究課題について討論,および発表

     ● 参加者全員で関連研究について議論
  12. 問合せ先:

     日本知能情報ファジィ学会事業編集委員長 渡邊 俊彦

     〒572-8530 大阪府寝屋川市初町18-8 大阪電気通信大学工学部電気電子工学科

     Tel: 072-824-1131(代) E-mail: t-wataisc.osakac.ac.jp

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内