「知能と情報」Vol.24 No.4 会告

ホーム / 「知能と情報」Vol.24 No.4 会告

お知らせ

特集論文募集のお知らせ

  • 特集論文募集
    特集名:「ファジィシステムの理論と応用」特集
    投稿締切:2012年10月15日
    掲載予定号:Vol.25, No.3(2013年6月号)


    特集名:「インテリジェントスマートフォン」特集
    投稿締切:2012年11月15日
    掲載予定号:Vol.25, No.4(2013年8月号)
  • (詳細は,本号会告および学会ウェブページをご参照下さい)

  • 今後の特集予定(仮称・時期未定)
    「ラフ集合」,「ゲーム」など

日本知能情報ファジィ学会理事等の役員選挙のお知らせ

日本知能情報ファジィ学会 会長  高木 友博

日本知能情報ファジィ学会は、学会定款(以下、定款という)および、理事等選出規定(以下、規定という)により、第13期理事等の役員(以下、理事等という)の選挙を行います。このために、理事等候補者の指名受付を下記の要領で行います。

  1. 理事等の任期は、定款第11条により2年ですが、実質的には2013年6月の総会から2015年6月の総会までです。
  2. 選挙により選出される理事等の種別と人数は、次のとおりです。
      会長: 1名
      副会長: 2名
      理事: 4名以上10名以内
      監事: 2名
  3. 規定により任命された選挙管理委員会の構成は次のとおりです。
     選挙管理委員長

       高萩栄一郎 専修大学 商学部



     委員

       井田 正明 大学評価・学位授与機構

       中田 典規 城西国際大学 経営情報学部

       松下 倫子 関東学院大学 人間環境学部

       安井 浩之 東京都市大学 共通教育部



     お問い合せ先
       高萩栄一郎 専修大学 商学部

       〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1

       TEL:044-900-7988 FAX:044-900-7849

       Email: takahagiisc.senshu-u.ac.jp
  4. 理事等候補者(正会員であることが必要です)の指名は、規定の第3条に従って行われます。指名にあたっては、理事等すべての候補者を指名する必要はありません。たとえば、会長候補1名、理事候補2名等でもかまいません。
  5. 指名は理事会推薦でない場合は、推薦人である10名以上の非法人会員の署名を添えて、文書で選挙管理委員長に2012年9月25日(火)(当日消印有効)までに届け出て下さい。
  6. 選挙は指名受付の締切後、選挙管理委員会の定める方式により、非法人会員による直接投票で行われます。投票は2012年秋に行われます。理事等選出規程 第4条4項「理事等の候補が規程人数を上まわらない場合、理事会の決議を経て、投票を行わずに理事等の決定の告示を行うことができる。」により投票を行わないことがあります。詳細につきましては、学会定款及び理事等選出規定をご参照ください。

    以上

    ※補足

     例年、理事等の役員選挙は理事任期最終年度秋に行われていました。今回予定を早め夏に行うことにした理由についてご説明いたします。
     選挙を秋に行うと、次期理事の決定が2月以降になってしまいます。この場合、新年度の事業及び予算計画などを主導的に行うには実質的に時間が足りず、現(旧)理事会の意向が強い計画案となってしまう可能性がありました。そこで、次期(新)理事会が実質的に計画を行えるようにするのが、選挙を早める大きな理由です。
     また、会員からご意見を聞く機会を設けることも理由の一つです。次期理事が内定した後、臨時総会や電子的メディアなどを通じて、簡単な方針を発表し、会員からの意見を募ると共に、約半年間、現(旧)理事会の様子を見ながら新理事会としての準備を整えることになります。新理事等におきましては、準備期間を含めて実質2年半の活動となり、若干負担が増えることになります。
    以上のような理由に基づき、理事等の役員選挙を例年より早めることにいたしましたので、何卒ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。 (第12期副会長 荒井良徳)


日本知能情報ファジィ学会 第23回 総会報告

2012年5月26日(土) 明治大学駿河台キャンパスリバティータワーにて,日本知能情報ファジィ学会第23回総会が開催されました.
詳細な議題および関連資料は,以下のURLをご参照ください.
 http:www.j-soft.org/info-society/3560


論文募集

特集:「ファジィシステムの理論と応用」論文募集のお知らせ

掲載予定号:2013年6月号
投稿締切:2012年10月15日
ゲストエディタ:関 宏理(関西学院大学)

上記特集の論文を以下の要領で募集いたします。ふるってご投稿ください。

 Zadeh がファジィ集合を提唱し、Mamdani がファジィ推論の概念を制御に適用して以来、ファジィシステムに関する理論と応用研究が数多く発表されてきました。ファジィシステムは計算知能の一分野として注目され、現在も海外で活発に研究されています。また、不確実・不確定な要素を多く含んだ現代社会において、「あいまい」を考慮したシステムは不可欠であり、非常に有効であると考えられます。
 本特集号の対象はファジィシステム全般に関連した理論と応用であり、応用分野に関しては制御、医用工学、感性工学、教育工学、画像処理、データマイニング、意思決定など、様々な分野で広く募集いたします。


特集:「インテリジェントスマートフォン」論文募集のお知らせ

掲載予定号:2013年8月号
投稿締切:2012年11月15日
特集エディタ:市村 匠(県立広島大学)

上記特集の論文を以下の要領で募集いたします.ふるってご投稿ください.

 近年,スマートフォンが急速に進化しており,市場におけるAndroidスマートフォン, iPhone, Windows Phoneなどのユーザ数も急増しています。スマートフォンで動作するOSごとに動作するアプリケーションに若干の違いは見られるものの,ユーザが利用している機能は,クラウドサービスやGPS,加速度センサーなどのデバイスを利用したものにとどまっています。今後,高速CPUや大容量のメモリなど,高い性能をもつハードウェアが開発されるようになると,スマートフォンは知能情報技術を利用したインテリジェントスマートフォンに進化すると予想されます。
 そこで,インテリジェントスマートフォンにおいて必要だと考えられる機能を実現する手法を広く募集します。特集論文では通常の論文の審査を行うとともに,アプリケーションで提案された機能等が実装できていることも審査の対象になります。アプリケーションの審査においては,査読者がその機能に関する動作を仮想マシン(エミュレータ等)で検証し,機能等がアプリケーションで実装できていることが採録の条件になります。アプリケーションの提出の際,開発環境を明示してください。なお,実機に依存した機能の開発など,その特徴をエミュレータで再現しきれない場合やアプリケーションの特性を説明する必要がある場合には,付録として動画による説明も受け付けます。ただし,記述できる情報は,タイトル,概要説明に限定するものとします。なお,アプリケーションは“マーケット”等に公開されていても構いませんが,査読の段階で著者を特定できるような情報をアプリケーションや動画に組み込むことはできません。アプリケーションの提出については,メールに添付もしくは公開されている場合はURLをお知らせください。

  • 1.募集分野
     ソフトコンピューティング,人間共生システム,ウェブインテリジェンス,認知科学,意思決定のマルチコアに対応したスマートフォン・アプリケーションに関連する話題の研究分野全般を対象とします.
  • 2.投稿締め切り
    2012年11月15日(木)(必着)
  • 3.論文の種類
     論文の種類には、「原著論文」、「総説論文」、「実践研究論文」、「ショートノート」があり、非会員の方を含めてどなたでも投稿できます。詳しくは投稿案内(*)をご覧ください。また、投稿時にはそのいずれであるかを明記してください。
  • 4.提出物および提出方法
     提出物および提出方法につきましては、「電子投稿・査読システムに関する情報」をご覧下さい。
  • 5.査読プロセス
     通常の査読プロセスに従います。また途中の処理の都合で、本特集号の発刊に間に合わなくなった論文は通常の論文として他号に掲載される場合があることをあらかじめご承知おきください。
    学会ホームページの投稿規定および著作権規定をご覧ください。投稿規定に基づいて投稿原稿を処理します。
  • 6.問い合わせ先
     市村 匠
     県立広島大学 経営情報学部
     E-mail: ichimurapu-hiroshima.ac.jp

開催案内

第28回ファジィシステムシンポジウム
CI 2012公式サイト http://ci2012.web.nitech.ac.jp/
FSS 2012公式サイト http://fss2012.j-soft.org/

 ファジィ理論をはじめとして知能情報システムに関する講演やイベントを多数予定しております.
 今年は,初めての試みとして,日本神経回路学会大会との同時開催(CI 2012)となっております.特別講演・基調講演・ポスターセッション(イブニングセッション)・懇親会は合同でおこないますので,日本神経回路学会の発表も聴講でき,幅広い分野での交流が深まることと思います.
 たくさんの方々のご参加をお待ちしております.

 なお,詳細は大会ウェブページ(http://fss2012.j-soft.org/)に掲載いたします.

  • テーマ:脳と知の融合をめざして —隣りを知ろう—
  • 主催:日本知能情報ファジィ学会(SOFT)
  • 共催:国際ファジィシステム学会(IFSA),名古屋工業大学
  • 会場:名古屋工業大学 http://www.nitech.ac.jp/

    〒466-8555 愛知県名古屋市昭和区御器所町

  • 会期:2012年9月12日(水),13日(木),14日(金)
  • プログラム(予定):一般セッション,企画セッション(計画型・公募型),ポスターセッション,懇親会
    基調講演: Minho Lee 氏 (Kyungpook National University)
    特別講演: 山ノ井髙洋 氏 (北海学園大学)
                    小松英彦 氏 (自然科学研究機構・生理学研究所)
  • 詳細については,大会ホームページ(http://fss2012.j-soft.org/

  • 講演:愛知県(予定)
  • 協賛:日本神経回路学会,化学工学会,観光情報学会,計測自動制御学会,システム制御情報学会,社会・経済システム学会,情報処理学会,人工知能学会,数理社会学会,電気学会,電子情報通信学会,土木学会,日本医療情報学会,日本応用数理学会,日本オペレーションズ・リサーチ学会,日本顔学会,日本感性工学会,日本機械学会,日本教育工学会,日本経営工学会,日本経営システム学会,日本計算工学会,日本原子力学会,日本建築学会,日本行動計量学会,日本心理学会,日本数学会,日本生体医工学会,日本生物工学会,日本繊維製品消費科学会,日本デザイン学会,日本人間工学会,日本バーチャルリアリティ学会,日本ロボット学会,バイオメディカル・ファジィ・システム学会,ヒューマンインタフェース学会,ファジィシステム研究所,進化計算学会
  • 講演料

    ポスターセッションの有無および原稿のページ数に関係なく講演1件につき3,000円の負担をお願いいたします.なお,別刷りの発注はいたしません.
  • 参加費・懇親会費

    会員種別 当日参加申込
    8月1日(水)以降
    参加費(正会員)※1 12,000円
    参加費(非会員) 20,000円
    参加費(学生会員)※2 6,000円
    参加費(学生非会員) 10,000円
    参加費(特別会員) 6,000円
    参加費(名誉会員) 無料
    懇親会費(学生以外)※3 5,000円
    懇親会費(学生)※3 4,000円

    ※1  法人会員,協賛学会員を含みます
    ※2  協賛学会会員,サイト会員を含みます
    ※3  参加費には含まれていません

  • 参加申込について:

     参加費,懇親会費等は,シンポジウム会期中に会場受付にて現金でお支払いください.その他の方法による支払いは受け付けません.なお,懇親会費は人数の都合によりお断りする場合もございますので,あらかじめご了承ください.

  • [大会組織]
    実行委員長:中村剛士(名古屋工業大学)
    プログラム委員長:加納政芳(中京大学)
    財務委員長:吉川雅弘(名城大学)
    実行委員:川中 普晴(三重大学)[企画セッション担当]
    矢野 良和(愛知工業大学)[招待講演・特別講演担当]
    水沼 洋人(名城大学)[出版担当]
    高瀬 治彦(三重大学)[広報担当]
    伊藤 宏隆(名古屋工業大学)[会場担当]
    吉川 大弘(名古屋大学)[イベント企画担当]
    上野 ふき(名古屋大学)
    小田 哲久(愛知工業大学)
    佐々木 守寿(愛知教育大学)
    高野 敏明(三重大学)
    古橋 武(名古屋大学)
    三好 哲也(豊橋創造大学)
    金久保 正明(静岡理工科大学)

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

soft[@]flsi.cird.or.jp

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内