ファジィ制御小口径管非開削設置 (建設省土木研究所)

ホーム / ファジィ制御小口径管非開削設置 (建設省土木研究所)

事例名

ファジィ制御小口径管非開削設置

企業・団体名

建設省土木研究所

出展

日刊工業新聞 1991年

内容

 ファジィ制御のライフライン設置システム 建設省土木研が開発 建設省土木研究所(所長岩崎敏男氏)は21日、下水道や電話線、電力ケーブルなどのライフラインを通す直径800mm以下の小口径管をファジィコントローラーを活用、熟練工がいなくても非開削で設置することが出来る一連の技術を同研究所内で公開した。同技術はイセキ開発工機(社長鈴木幸男氏)、住友金属工業(社長新宮康男氏)、飛島建設(社長飛島章氏)など12社と土研が昭和63年度から官民連帯共同研究で取り組んできたもの。この技術を活用すると専門的な知識がなくてもライフライン施設を地中に整備することができ、建設現場の労働者不足解消に役立つものと注目される。同システムは、4mほどのたて穴を掘り、ついで地面と水平にヒューム管などの小口径管を穴開け機を組み込んだ油圧挿入機でファジィ制御して、レーザー光線をガイドに真っすぐに管を設置していく。公開では、直進性のコントロールなどの作業はすべて開発した機械が担当し、人手を使わず、一分間に5cmのスピードで管を挿入するという成果を上げていた。

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

soft[@]flsi.cird.or.jp

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内