ファジィ予測無停電電源 (オムロン)

ホーム / ファジィ予測無停電電源 (オムロン)

事例名

ファジィ予測無停電電源

企業・団体名

オムロン

出展

日刊工業新聞 1993年

内容

 バッテリー寿命 ファジィで予測 無停電電源装置 オムロンが3機種 オムロン(社長立石義雄氏)はファジィ技術を使ってバッテリーの寿命表示機能を搭載した無停電電源装置3機種を26日から順次発売する。価格は出力容量が500VAのもので7万4,800円、1kVAは14万8,000円。初年度販売目標は3機種で3万台。耐負荷容量や周囲温度などの要素をもとにファジィ推論を用いることによって、ユーザーの使用環境に応じたバッテリーの寿命予測を可能にした。バックアップ能力が劣化する前に寿命が分かり、安心してパソコンなどが使用できる。寿命予測は従来、メーカーが期待寿命として表示しているが、使用環境が異なるため必ずしも一定するものではなかった。同装置の機能にファジィ技術を搭載したのは国内初という。

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

soft[@]flsi.cird.or.jp

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内