ファジィ技術搭載FA用エキスパートシステム (オムロン)

ホーム / ファジィ技術搭載FA用エキスパートシステム (オムロン)

事例名

ファジィ技術搭載FA用エキスパートシステム

企業・団体名

オムロン

出展

日刊工業新聞 1994年

内容

 ファジィ技術搭載 FA用エキスパートシステム 高精度に制御 オムロン(社長立石義雄氏)はファジィ技術を使ったFA用エキスパートシステム(ES)「SGULE制二郎」を7月1日から発売する。工作機械の調整やプロセス(工程)制御などに、ファジィを使って最適な制御を決定する。価格はワークステーション(WS)などのハードとソフト、通信ネットワークの基本システムで1,000万円から。初年度販売目標は50システム、3年後に100システム。 ESは熟練者の持つ経験やノウハウを基につくられたデータベース(知識ベース)と、判断機構(推論エンジン)で構成され、熟練者でなくても熟練者と同様の判断を可能にする。「少し」とか「多く」など、数量化できない人間の感覚をファジィで表現することによって、高精度な制御を実現したほか、分かりやすく使いやすくした。同時に8つの推論を実行できるほか、知識検証機能を使ってシステム運用前に推論のシミュレーションができる。同社WS「LUNAⅡ-FA」上で稼働する。従来の人工知能(AI)を用いたESは0か1のデジタルでしか表現できなかった。

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

soft[@]flsi.cird.or.jp

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内