汚泥焼却炉運転制御ファジィソフト (三機工業)

ホーム / 汚泥焼却炉運転制御ファジィソフト (三機工業)

事例名

汚泥焼却炉運転制御ファジィソフト

企業・団体名

三機工業

出展

日刊工業新聞 1996年

内容

 汚泥焼却炉の運転制御 ファジーソフト開発 三機工業(社長大島剛氏)は下水処理場で発生する汚泥を焼却する流動床焼却炉の運転をファジー制御でコントロールする燃料制御ソフトウエア「クリーンバーン」を開発した。従来の熟練オペレーターによる炉内温度に基づく補助燃料調節を汚泥供給量・含水率や炉底・炉床温度など各種データから総合判断して炉内状態を予測、未熟練オぺレーターでも安定運転ができるのが特徴。同社の流動床焼却炉設備に組み込み、同設備の拡販に役立てる。同ソフトは焼却炉内の温度に加えて燃焼空気量、汚泥含水率などのデータを常時計測、これを基に過去の運転ノウハウを集約した独自の制御ルールによってファジー制御。補助燃料の供給量や汚泥供給量、予熱空気量などをキメ細かくコントロールし、温度変動の少ない安定した同焼却炉の運転を可能にした。従来、熟練オペレーターが炉内状態を常時監視しながら行っていた運転管理を自動制御したことで、焼却炉立ち上げ時の炉内温度上昇制御から定常運転への移行などをオペレーターの操作なしで可能とした。また炉内の温度状態によって補助燃料を供給していた操作を自動コントロ-ル、燃料節減やオペレーターの手間の大幅削減も実現。同社は下水汚泥の流動床焼却炉設備のトップメーカーだが、このソフトを活用。今後、同焼却炉導入が活発化すると見られる中小都市向けに積極展開を図り、現在、年間40億~50億円程度の同設備部門の売上高を2000年に100億円に拡大する。

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内