ファジィ電子温度調節器 (オムロン)

ホーム / ファジィ電子温度調節器 (オムロン)

事例名

ファジィ電子温度調節器

企業・団体名

オムロン

出展

日刊工業新聞 1990年

内容

 初のファジィ制御 電子温度調節器 振れ幅半分に向上 オムロン(社長立石義雄氏)は業界で初めてファジィ制御を採用した電子温度調節器「E5AF」を 12月1日から発売する。通常温度調節制御で用いられているPID(比例・積分・微分)制御に比べ、温度の振れ幅が半分になるなど性能を大幅に向上させた。価格は4万9,000~6万8,500円。初年度4,000台の販売予定。同器は従来の高精度制御手法である2自由度PIDとファジィ制御を融合させたハイプリッド制御を採用した。これにより温度変化を引き起こす外部からの影響(外乱)に対する応答性が、従来の2自由度PIDに対して、設定温度に戻るまでの時間が半分、温度の振れ幅が半分で済むようになった。しかもファジィパラメーターは自動設定されるため、操作方法は従来と全く同じで、ファジィを意識する必要はないという。

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

soft[@]flsi.cird.or.jp

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内