ファジィジャイロ式8mmビデオカメラ (松下電器産業)

ホーム / ファジィジャイロ式8mmビデオカメラ (松下電器産業)

事例名

ファジィジャイロ式8mmビデオカメラ

企業・団体名

松下電器産業

出展

日刊工業新聞 1990年

内容

 年内「カラーブレンビー」投入 月12万台に増産 松下電器産業(社長谷井昭雄氏)はS-VHS-C方式のカメラ一型VTR「ブレンビー」(NV- S1)で大攻勢をかける。ブレンビーシリーズとしてカラービューファインダーを搭載した「カラーブレンビー」(仮称)を年内に市場へ投入するとともに、これに合わせ生産も月12万台に増産、さらに来年中には松下グループのカメラ一体型VTRの月間生産能力の半分に当たる15万台にアップする計画。 来年中に15万台体制ヘ ブレンビーは手のひらにフィットする小型(幅95×高さ134×奥行き157ミリ)、世界最軽量(750グラム)のシングルハンドムービーとして6月から発売。ファジィ技術を採用した世界初のデジタル方式手ぶれ補正機能「ファジィ・ジャイロ」の搭載や、プロ・アモヘッド(積層型アモルファスプロヘッド)の採用など高画質・高機能ムービーとして市場で高い評価を受けているという。一方、カラーブレンビーは映像をカラーで確認できる高画質のカラービューファインダーを搭載、ファインダー内で被写体をカラーで確認し、カラーで再生する。ファジィ・ジャイロ、AIオートフォーカス(0cm~∞)、1,080枚の静止画が撮れるスナップショット、スチル/連写ストロボなどのデジタルプレー機能やプロ・アモヘッド採用などの特徴がある。本体重量はブレンビーと同じになる予定。ワイドスコープなどオプションも充実させる。ブレンビーは当初、月産3万台でスタートしたが、計画を上回る需要で増産を続け、現在では同7万台にアップしている。海外では8月から米国で発売、欧州市場でも9月からシーメンスへのOEM(相手先商標製品)供給を始め、自社ブランドでも販売を開始している。欧米向け輸出が本格化すると同時に国内でも品不足状況が続いているため、年内中に当初計画(月産10万台)を上回る12万台に増産。カラーブレンビーの生産台数は明らかにしていないが、ブレンビーシリーズとして来年中には月15万台の生産体制とする計画。

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内