ファジィジャー炊飯器 (三洋電機)

ホーム / ファジィジャー炊飯器 (三洋電機)

事例名

ファジィジャー炊飯器

企業・団体名

三洋電機

出展

日刊工業新聞 1990年

内容

 ”火加減制御”でふっくら炊きあげ 三洋電はジャー炊飯器 三洋電機(社長井植敏氏)は炊飯にファジィ理論を採用した1.8リットル炊きジャー炊飯器「ECJ-V18FW」を8月21日から発売する。税抜き価格は3万6,100円。鍋(なべ)、室温、蒸気の3つのセンサーで、室温、水温、炊飯量を設定、加熱状況を一分ごとに検知して、微妙な火加減コントロールをファジィ制御する。2.5mmの厚釜(かま)を採用、熱を均一に伝えて、ふっくらと炊き上げる。同時に1.0リットル炊きの「同Vl0FW」も発売。税抜き価格は3万3,800円。当初月産合わせて1万5,000台。これまで調理機器では電子レンジに同理論が採取されてきたが、炊飯器に採用されたのは初めて。

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

soft[@]flsi.cird.or.jp

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内