ニューロ・ファジィパッケージソフト (富士通)

ホーム / ニューロ・ファジィパッケージソフト (富士通)

事例名

ニューロ・ファジィパッケージソフト

企業・団体名

富士通

出展

日刊工業新聞 1994年

内容

 ファジィ推論にニューラルネットワーク応用 パッケージソフト発売 富士通(社長関沢義氏)はファジィ推論にニューラルネットワークを応用してバッケージソフト化した「NEUZZY(ニュージィー)」を製品化し、8月にも市場投入する。あらゆる条件(経験則)をソフトに組み込めば、この条件が本当に正しいか、どの程度重要か-などの客観的評価をソフト自身で判断し、関数定義と推論方法の設定を自動的に行う。同社では「ファジィ推論にニューラルネットワークを応用して組み合わせたのは世界でも初めて」(宇佐見仁英計算科学研究センター第二研究部長)としており、この技術の特許71件を出願した。機械の運転制御や市場調査、意思決定支援問題など幅広い分野への展開を進める考えだ。関数定義も自動調整 家電製品や制御システムなどでこれまで利用されているファジィ推論は、あいまいな表現を扱い、より人間的な感覚で処理するもの。しかしこれだけだと関数定義や推論方法の設定には知識や勘といった、いわゆる熟練した専門家の存在が不可欠だった。NEUZZYは、ファジィ推論に対応させるため、特殊な階層型ニューラルネットワークを使ってそこにファジィルールや関数を埋め込んだ。例えば企業債券の格付けでは「経常利益が高ければ格付けも高い」といった経験則を登録し、さらにその時々の経済・市場状況に応じてこの経験則が「本当に正しいか」、「どの程度重要なものか」まで判断する。つまりファジィ推論における関数やルールの自動調整を実現したもので、一つの目的に合わせたシステムの開発を従来の工程の半分から3分の1にまで削減。既存システムでは致命的ともいわれた推論実行の遅さや、入力データの時期による推論実行時間の変動-などの課題も解消させるという。「NEUZZY/Fuzzy」と「同/Neuro」はそれぞれ予定価格は100万円と220万円に設定。各種データベースとの連携やユーザーアプリケーションが可能なほか、同ソフトの購入、システム化も用意している。

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内