ニューロ・ファジィ食味計 (佐竹製作所)

ホーム / ニューロ・ファジィ食味計 (佐竹製作所)

事例名

ニューロ・ファジィ食味計

企業・団体名

佐竹製作所

出展

日刊工業新聞 1991年

内容

 コメの味を簡単分析 ファジィ利用の食味計【広島】佐竹製作所(東広島市西条西本町2-30、社長佐竹覚氏、TEL:0824-23-3111)は、ニューロ・ファジィを応用した小型食味計「SIR10A」を発売した。価格は800万円。コメの味を左右する主要成分のアミロース、たんばく質、水分、脂肪酸を近赤外分析法で分析。その分析データとファジィ理論を応用した官能値データを基にニューラルネットワークで解析した食味判定式で食味値を決定する。測定時間は一サンプル当たり30秒。米穀店、外食産業向けに小型化、低価格化した。本体寸法は216×494×428mm、重量30kg。

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

soft[@]flsi.cird.or.jp

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内