ファジィ万能オーブン調理器 (シャープ)

ホーム / ファジィ万能オーブン調理器 (シャープ)

事例名

ファジィ万能オーブン調理器

企業・団体名

シャープ

出展

日刊工業新聞 1991年

内容

 オーブン、グリル、温め、生もの解凍 シャープ(社長辻晴雄氏)はオープン料理、グリル料理、温め、生もの解凍-のいずれか一つの調理キーを押すだけで自動的に料理を仕上げる世界初のセンサーシステムオーブン「RE-SE1」を7月6日から発売する。標準価格は15万3,000円で、月産1万5,000 台の予定。同システムオーブンは絶対湿度センサー、ガスセンサー、重量センサー、高さ・形状変化センサーなど9種類のセンサーとマイコンを組み合わせることにより、入れた食品が何か、どんな料理にするかを見極め、最適な状態に仕上げる自動認識、自動調理のワンタッチオートクッキング。お菓子・パン、肉料理、焼き魚など合計45メニューを自動調理する。さらに、かきまぜ加減までキメ細かく制御するファジィクッカー機能や、700W出力のレンジ、800度C 炭火焼きセラミックスグリル、300度Cコンベクションオーブンなど高火力を実現している。

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

soft[@]flsi.cird.or.jp

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内