ファジィ推論応用映像調整カラーTV (三洋電機)

ホーム / ファジィ推論応用映像調整カラーTV (三洋電機)

事例名

ファジィ推論応用映像調整カラーTV

企業・団体名

三洋電機

出展

日刊工業新聞 1992年

内容

 カラーTV ファジィ調整で拡販 三洋電が大型機種に的 三洋電機(社長井植敏氏)はファジィ推論機能を利用して映像調整するカラーテレビの商品陣容を強化し、大型カラーテレビ分野でシェアアップを目指す。25型2機種と29型1機種を発売したのに続いて、7月には29型1機種と新しく中型機種(16~21型)のゾーンでも1機種を選んでファジィ機能を盛り込む。価格競争が激しい中型機種市場で高付加価値を武器に新しい需要を掘り起こしていくのが狙い。三洋電機は大型カラーテレビ市場にいち早くファジィ推倫による映像調整機能を導入し、大画面テレビ「帝王」の快進撃を達成した。今後、22型以上の大型機種についてはファジィ機能を全機種に導入していく考え。併せて4月に投入した3機種分から、視聴者がファジィ機能による映像調整を画面上で実際に確認できるようグラフィックモニターをつけた。これまで、室内照明の度合いに応じて絶えず最適な映像が提供されるため、ファジィ機能による映像の変化が確認しにくいのが”泣き所”だったが、同モニターで機能を確認することができるようになった。「店頭での商品説明も効果的に実施できるようになる」(AV事業本部国内営業部)という。大型機種に比べて価格競争が激しい中型機種についてはファジィ機能の採用を見送ってきたが、衛星放送対応型(BSチューナー内蔵)については「従来の個人用かも家庭用としてのニーズが期待できる」(同)として、当面、1機種についてファジィ機能を導入し、品質競争力を高めていく戦略を打ち出した。大型機種についてはファジィ機能に加えて、よりキメ細かな映像調整ができる人工知能(AI)機能も併せて採用し、商品競争力を強化していく。

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内